読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「雅太郎玩具店のブログより」

 

f:id:billiken-note:20160921122404j:plain

f:id:billiken-note:20160921122419j:plain

f:id:billiken-note:20160921122522j:plain

f:id:billiken-note:20160921122445j:plain

ブースカ製作記 21》

しばらくまたブログをご無沙汰しておりました。
今までずっと作っていたのですよ。
ブースカのぬいぐるみです。

すでに慣れた作業といえども
工程を省くことができないので
時間ばかりかかります。
なのでお時間をいただき
そして予定より遅れることもありますが
ご了承ください。

まずは目とかブー冠とかの
樹脂パーツを複製していきます。

前でシリコン型はちぎれてしまいましたので
新しく作ったので、今回で新型で2回目の
型取りでした。

すでに一部がちぎれてきましたよ。
前とはシリコンのメーカーが違う製品を使ったのですが
特製とかあるのでしょうかね。
これも勉強になりました。
少し入り組んだ所に無理がかかるのですが
引っ張り強度のかもあるのでしょうね。
単に自分の作り方が悪かったのかもしれませんけど。

次回は新しく作らなければいけないでしょうかね。

出来上がったパーツを塗装するために
持ち手をつけていきます。

気分的には串揚げ屋さんの下ごしらえな感覚でしょうか。
美味しくできたら嬉しいですね。

最近はアタマを先に作るようにしています。

可愛くできるとテンションが上がります。
作業も進みやすくなるような気がするのですよ。

今回もなんとか出来上がったようです。

見られているようで
「早く完成しろ!」と監視されているよう。

ひたすら縫い続けて、できあがったのを
並べています。
ここまでくれば一安心なのですが
胴体には大量のワタを詰めていきます。
これがすごい力でグイグイ入れていくので
次の日に筋肉痛になったりしています。
腕から胸にかけての良いストレッチになっていますが
筋肉が付くわけでもなく
カッコ良いカラダにならないのでガッカリです。

削り出し作業や縫い作業でも
手にマメができていたいのですが
それぞれできる場所が違うし
それぞれ1週間の間が空くので
硬い職人指になる前に治ってしまうのですよ。
だから、いつまでたっても
職人の指にはなりません。トホホです。

出来上がったのを並べると
わさわさしていて
幼稚園の先生になったような気分になりますね。

最終の仕上げをして箱詰めしていきます。
遅れているので早めに販売代理店である
ビリケン商会さんに納品したいのですが
今は台風がやってきています。
外は雨。雨に濡れては申し訳ありません。
手持ちで持ち込むので
明日、台風一過の晴天を狙って
納品いたしますね
もう少しお待ち下さい。

一時はご希望される方が予想を上回る多数いらして
嬉しい反響をいただいていましたが
なかなか数が作れず、すぐに規定数に達してしまい
残念な気持ちにさせてしまうことがありました。
諦めてしまう方も多かったのではないでしょうか。

最近では落ち着いてきたのか
受付も随時できるようになっているようです。
ご希望される皆様には
なるべく応えていく体制ではいますが
版権者さまや販売店さんも関わる製品ですので
自分でもコントロールできない部分はあります。

ご希望の方がいらっしゃいましたら
お問い合わせだけでもいただけたらありがたいですね。

とはいえ頑張って作っていきますので
これからもよろしくお願いいたします。

新製品も考えなきゃね。OK出るのか!?
お楽しみに。