読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「雅太郎玩具店のブログより」

f:id:billiken-note:20151031022836j:plain

f:id:billiken-note:20151101191455j:plain

f:id:billiken-note:20151103161343j:plain

f:id:billiken-note:20151013163824j:plain

 

ブースカ製作記 07》

すっかりブログの更新が止まっていましたね。
すみません。
すでに11月です。
ハロウィンと盛り上がっていたようですが
次の日にはもう街はクリスマスに模様替え。
お店の方のご苦労を感じます。
年賀状や紅白の話題同様
もう年末の足音が聞こえてきます。

相変わらずブースカを作っています。

初回予約は早々に埋まってしまったらしく
現在、申し込みいただいた方々に
早くお届けするべく制作しております。

しかし数を揃えるのは
手作りなので思ってもみないことが
おこるかもしれません。
問題を解決しながらの進行なので
いましばらくお待ちください。すみません。

次にお待たせしてしまっている方々にも
早めに対応させていただきたいのです。
なかなか目処がつきませんが
なるべく早く申し込みを再開したいと思います。

詳しくは販売元のビリケン商会さんへ
ビリケン商会HP
http://www.billiken-shokai.co.jp/

パーツを作っています。

樹脂板で作っていた目のパーツを塗装しています。
黒目をマスキングして白目を塗装、
洗濯ハサミをスタンドにして乾かしています。

目がいっぱいあると丸く並んでいるのも
あるのでしょうか
不思議な感じがして撮影してみました。

口の中部分は真直ぐにパリッとさせるため
厚紙を入れています。

ここで紙を使っているため
完成したブースカは洗濯が難しくなります。
プラ板も検討したのですが
紙に繊維方向があるため
一方向に特価した強度特性が
逆に弱い部分があるのがよいのでしょうか
厚紙の方が使いやすかったりしました。

細くなる部分は紙が裂けてきたりするので
紙テープで補強しておきます。
これもまた面倒な作業だったりしますよ。

それをフェルトに貼付けてみました。
存在感がありませんが
口の中には舌も再現しています。
フェルトの厚みを利用して
断面の角を丸くカットして柔らかさを
出しました。

材料も出来上がってきました。
料理でいうと下ごしらえが終わったところでしょうか。

さて、これからモヘアを縫うことといたしましょうか。
 
まだまだ時間がかかりそうですね。
デザインフェスタもあるので
その前には初回分は終わらせたい気持ちです。

それまでは、表参道のビリケン商会さんの
店頭にサンプルブースカがお待ちしていますので
会いにいってやってくださいね。
よろしくお願いいたします。